小米(シャオミ)MITU ミニドローン~DJIのTelloを狙撃?

シェア

コスパが高いスマホと知られる小米(シャオミ)価格破壊者としてミニドローンを狙い打ちました。それはMITUシリーズのMITU ミニドローンです。

小米(シャオミ)は2016年に正式にドローン製造に入り、プロのレベル高級ドローンXiaomi Mi  ドローンを発表しました。

Xiaomi Mi ドローン WIFI FPV 4K 30fps&1080Pカメラ 3軸ジンバル付き

1️⃣️自動航行3軸2️⃣️障害物回避センサー3️⃣️最大27分の飛行4️⃣️ジンバル付きカメラでによる4K動画撮影5️⃣️10%オフクーポン→Dd8440🎏詳しい情報&購入先はこちら🛒https://bit.ly/2qIjD39

Posted by Banggood Japan on Thursday, April 19, 2018

しかし、ドローン界大手企業のDJIと比べるとまだ巨大な距離があります。

今回の小米(シャオミ)MITU ミニドローンは、玩具ドローンを目指して、激安な値段で遠隔操縦の小型ドローンを発表しました。

外観に関しては、このリモコンドローンは一般的なドローンに似ていますが、サイズは遥かに小さくて、ミニバージョンのように見えます。MITU ミニドローンは非常に軽量で、わずか88グラム、簡単に持ち歩くことができます。

MITU ミニドローンは飛行高度が25メートル、遠隔制御距離が50メートルで、Bluetoothコントローラーと接続して飛ばすことも可能です。そのバッテリー容量は920mAhで、10分間連続飛行ができるそうです。

ビデオ撮影の方は、MITU ミニドローンは720Pビデオと192万画素の写真を撮ることができます。これは初級な撮影のニーズを満たすことができる。

そして、通常のドローンと比べるとMITU ミニドローンはサイズ、バッテリー、飛行高度、撮影機能の方が比較的大きな距離があります。その面からみるとドローン初心者或いは未成年者向けのドローン玩具と言えるでしょう。

しかし、価格の面から見るとは非常に強力な競争力があるのだけではなく、良好なプレイアビリティも持っています。DJI独占したプロなドローン市場を避けて、ドローン初心者向けの玩具市場への転換は賢明な選択かもしれません。

開封動画↓(英語)

飛行様子↓(スローモーション)

カメラ撮影↓(室内)

詳しい情報&購入先:MITU ミニドローン

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up